News — マスキングステンシル

Acht - Acht

投稿者 :Frank Schulz on

Acht - Acht

88 mm 対空砲 Flugabwehrkanone(Flak)は、第二次世界大戦で成功した主要な大砲の1つでした。ドイツ空軍は空襲に対するドイツ領土防衛として使用して、ドイツ軍は砲兵対空部隊内に配備しました。ドイツ軍のすべての部門には、8つの88mmユニットと12の20mmユニットが装備されています。ロンメル将軍は、1940年5月のフランスキャンペーンにもとの目的とは異なる役割でFlak88を使用した。フラック88は、第二次世界大戦で有名な対戦車大砲になりました。北アフリカのハルファヤ峠の防衛中に、数分で、ドイツ国防軍のFlak 88の1台が、ドイツ軍の陣地に対して送られた12のイギリス戦車のうち11を破壊しました。この峠は、イギリスの戦車兵の間でヘルファイアー峠としてよく知られるようになりました。 Flak 88は、対空と対戦車の役割を持ち、戦争の終わりまであらゆる面で有効でした。 HINTERHALT (WW2009-35), AMBUSH (WW2013-35)や ARTILLERY AND TRUCK CAMO (WW2011-35) のマスキングフィルムを使えます。

続きを読む →

Panzerkampfwagen VI Ausf B. Tiger II Factory

投稿者 :Frank Schulz on

Panzerkampfwagen VI Ausf B. Tiger II Factory

Panzerkampfwagen VI Ausf. B. Tiger IIは、一般にキングタイガーと呼ばれ、伝説的なタイガーI重戦車の後継車でした。それは、その象徴的な前任者よりもさらに重装備で装甲されるように設計されました。パンサー戦車と同様に、東部戦線での戦闘経験から収集した設計の改善が組み込まれています。キングタイガーは第二次世界大戦の最高級の戦車砲、恐ろしい長い銃身の8.8 cmKwK.L71で武装していました。優れた照準光学系と相まって、この大砲は連合軍の戦車を簡単に破壊することができましたが、傾斜の良い装甲は優れた保護を提供しました。実際、戦争中のドイツ軍の当局者は、キングタイガーの正面の輪郭はすべての連合軍の武器に対して不浸透性であり、キングタイガーの150mm厚の斜堤プレートが戦闘で貫通されたという証拠はないと述べました。キングタイガーを倒すには、連合軍の戦車がその弱い側と後部装甲を撃つためにそれを凌駕する必要があります。熟練した乗組員の手に、キングタイガーは恐ろしい敵でした。 1944年後半から終戦まで、ドイツの装甲車は定期的に工場の組立センターから直接最前線に駆けつけられましたが、多くの場合、装甲部隊が砲塔番号やその他のマーキングを付ける時間はありませんでした。このキングタイガーは、そのような車両の1つを表すことを目的としています。これは、「Hinterhalt」(光と影)迷彩として広く知られるようになった象徴的な迷彩ドットを備えた、歴史的に正確な「ソフトエッジ」トリ迷彩パターンを備えています。他のマーキングは、工場で各タレット側に適用されているバルケンクロイツ(バルケンクロイツ)のみです。西部戦線と東部戦線の両方に待ち伏せ迷彩と砲塔バルケンクロイツしかなく、歴史的な写真がたくさんあります。 このHinterhaltキングタイガーマスクは、さまざまなユニットに使用できます。たとえば、バルジの戦いでキングタイガー#213と戦った戦闘団パイパー戦車の場合です。他のいくつかの例には、ハンガリーで戦う有名なSchwere Panzerabteilung 503「フェルトヘルンハレ」や、ロシア軍との最後の必死の戦いの間にベルリンで戦うSchwere SS Panzerabteilung 503が含まれます。 TIGER 2 FACTORY 1/35スケール 数回使用できます。 カモフラージュはTIGER2で使用。工場の塗装。 3トーンファクトリーカモフラージュのマスキングシート。 ドットのマスク(2セット)   (本物を見るために是非イギリスのBovington戦車博物館に行ってくださいhttps://tankmuseum.org/)

続きを読む →